肌のためのアミノ酸


肌をきれいに保つ為に必須のアミノ酸があります。アスパラギン・チロシン・セリン・プロリン・アルギニンの5つになります。
各アミノ酸ともに役割が違います。
まずは、アスパラギンです。アスパラギンは、角質層に作用します。細胞が成長していく段階で主に使われます。主に髪の毛の材料になるアミノ酸です。
チロシンは、皮膚や髪の毛の黒色色素の原料になるのですが、それよりも肌細胞の成長過程に必要なアミノ酸です。
セリンは、天然保湿因子(NMF)を作る時に必要とされてるアミノ酸で、皮膚の老化防止や発毛を促進させる効果があります。
プロリンは、コラーゲンや天然保湿因子(NMF)作る時に必要なアミノ酸でみずみずしさを与え、シワやタルミを防ぐために使われています。
アルギニンは、お肌の再生のアミノ酸と呼ばれており、コラーゲンの原料となるアミノ酸です。

これらのアミノ酸が効率的に摂取できるのがプラセンタというわけです。
肌の老化防止為にも是非積極的に摂取していきたいものです。

Comments are closed.